夏季休業のおしらせ

平素より当薬局をご利用いただきありがとうございます。

お盆期間は、各薬局にて休業日・営業時間が異なります。
期間中は
お電話にてお問合せのうえ、ご来局いただきますようお願い申し上げます。

大変ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をいただければ幸いです。

年末年始休業のお知らせ

平素は当薬局をご利用いただきありがとうございます。

誠に勝手ながら下記の期間を休業とさせていただきます。

期間中は、大変ご不便をおかけしたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

夏季休業のお知らせ

平素より当薬局をご利用いただきありがとうございます。

お盆期間は、各薬局にて休業日・営業時間が異なります。
期間中は
お電話にてお問合せのうえ、ご来局いただきますようお願い申し上げます。

大変ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をいただければ幸いです。

一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

冬季休業のおしらせ

平素は当薬局をご利用いただきありがとうございます。

誠に勝手ながら下記の期間を冬季休業とさせていただきます。

期間中は、大変ご不便をおかけしたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

夏季休業のお知らせ!

平素より当薬局をご利用いただきありがとうございます。
さて、誠に勝手
ながら、下記の期間を夏季休業とさせていただきます。
期間中は大変ご不便をおかけいたします
が、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

ゴールデンウィーク中についてのお知らせ

ゴールデンウィークの期間は下記の通り営業・休業いたします。

ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いいたします。

年末・年始休業のお知らせ

平素より当薬局をご利用いただきありがとうございます。
さて、誠に勝手ではございますが、年末年始休業につきまして
下記の通り休業とさせていただきますので、ご案内申し上げます。
何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

 

◆北島店    12月30日(日)~1月3日(木)

◆三軒屋店   12月29日(土)~1月3日(木)

◆矢三店    12月29日(土)午後~1月3日(木) ※29日(土)午前中は営業

◆石井店    12月30日(日)~1月3日(木)

◆天神店    12月30日(日)~1月3日(木)

◆神山店    12月30日(日)~1月3日(木)

◆徳島駅前店  12月30日(日)~1月3日(木)

◆津田店    12月29日(土)午後~1月3日(木) ※29日(土)午前中は営業

◆前川店    12月29日(土)午後~1月3日(木) ※29日(土)午前中は営業

 

 

 

 

夏季休業のお知らせ!

平素より当薬局をご利用いただきありがとうございます。
さて、誠に勝手
ながら、下記の期間を夏季休業とさせていただきます。
期間中は大変ご不便をおかけいたします
が、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

◆北島店    8月5日(日)~8月8日(水)

◆三軒屋店   8月11日(土)~8月15日(水)

◆矢三店    8月11日(土)~8月16日(木)

◆石井店    8月14日(火)・8月15日(水)

◆天神店    8月11日(土)~8月15日(水)

◆神山店    8月11日(土)~8月15日(水)

◆徳島駅前店  8月11日(土)~8月15日(水)

◆津田店    8月11日(土)~8月14日(火)

◆前川店    8月14日(火)・8月15日(水) (平成30年4月1日オープン)

おしらせ

この度、海陽町にある「おおざと薬局」を平成30年2月28日をもって

事業譲渡することとなりました。

 

今までご愛顧を賜りましたこと心よりお礼申し上げます。

 

他の薬局は今まで通り営業していきますので、

何卒これまでと変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

甚だ略儀ではありますが、事業譲渡のご挨拶を申し上げます。

 

年末年始休業のお知らせ

平素より当薬局をご利用いただきありがとうございます。
さて、誠に勝手ではございますが、年末年始休業につきまして
下記の通り休業とさせていただきますので、ご案内申し上げます。
何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

 

◆北島店    12月31日(日)~1月3日(水)

◆三軒屋店   12月29日(金)~1月3日(水)

◆矢三店    12月30日(土)~1月4日(木)

◆石井店    12月30日(土)~1月3日(水)

◆天神店    12月30日(土)午後より~1月3日(水)

◆神山店    12月31日(土)~1月3日(水)

◆徳島駅前店  12月30日(土)~1月3日(水)

◆おおざと店  12月31日(日)~1月3日(水)

 

◆津田店    12月30日(土)午後より~1月3日(水)

11月6日に津田本町1丁目に新しくオープンしました。

お気軽に何でも相談していただけるような

親切で明るい調剤薬局をめざして

スタッフ一同がんばっていきたいと思っています!

今後とも宜しくお願いします。

 

 

花粉症と食べ物

こんにちは。矢三店Fです。

 

突然ですが、「私、花粉症なんです!」ってよく聞きますよね?

 

こちら矢三店では耳鼻科からの処方もよく受けますが

その中でも、花粉症の方がたくさんいらっしゃいます。

 

私自身もアレルギー体質で、花粉症には悩まされて...。

普段からお薬を飲み続けて

春の花粉のひどい時期ものり切っていましたが...( ;∀;)

今の時期は少し落ち着いているので、ここは体質改善に向けて!!

何か良い食べ物があれば実践してみたいと思い

花粉症の症状が緩和されるといわれている

食べ物についてお話しさせてもらおうと思います。

 

花粉症を発症している人は、

体内に入った花粉に対して体が異物を排除しようと反応し、

免疫機能のバランスが崩れることによって

数々の症状が引き起こされます。

その症状を軽減するには、免疫力を高めることが大切になります。

 

免疫力を高めるのに重要なのは・・・

・抗炎症作用をもつもの

・免疫力を整える働きをもつもの

・粘膜を保護・修復しアレルギーの原因物質を防ぐもの

などがあります。

 

中でも花粉症に良いとされているものをいくつかあげてみますね♪

 

◆玉ねぎ

目・鼻・のどの粘膜を安定させ、

アレルギーを引き起こす物質を出にくくする”ケルセチン”が含まれています。

 

◆レンコン

レンコンが黒くなる成分は”タンニン”によるもので、

”タンニン”には抗炎症作用があります。

粘り成分の”ムチン”は、粘膜を正常な状態に保ちます。

 

◆ふき

数種類の”ポリフェノール”が含まれていて、

鼻づまりの原因物質が発生するのを防ぐ働きがあるといわれています。

また、”ミネラル”や”ビタミン類”も豊富です。

 

◆しそ

しその実には免疫力を整える”α-リノレン酸”、抗炎症・抗アレルギー作用のある

”ルテオリン”が含まれています。

とくに、赤しその葉には”ロズマリン酸”が多く、

免疫システムの過剰な反応を抑えてくれます。

 

◆キノコ類

”ビタミン類”が豊富で免疫機能を正常にし、

アレルギー症状の緩和が期待できます。

 

◆青魚(アジ・サンマ・イワシなど)

”EPA”や”DHA”は鼻づまりを起こす原因物質の発生を抑えるといわれており、

免疫機能の働きを正常にします。

 

◆ヨーグルト

整腸作用のある”乳酸菌”は、

腸の調子を整え免疫力の活性化をサポートしてくれます。

 

◆納豆

”納豆菌”は腸内の善玉菌を増やして腸を整えます。

”ナットウキナーゼ”には血の流れをよくする作用があるので、

鼻の荒れた粘膜の修復をはやめて治す働きがあります。

 

◆しょうが

加熱したしょうがに含まれる”ショウガオール”は、

くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどに効果があります。

血行を良くして体温を上げ免疫力を高めます。

 

◆黒酢

黒酢に含まれている”アミノ酸”は、

目のかゆみ・鼻づまりの症状を和らげるといわれています。

”アミノ酸”には細胞を再生させる働きがあり、

粘膜の強化につながります。

 

◆緑茶

”カテキン”を多く含み、アレルギーの原因物質の発生を抑え、

くしゃみや鼻水などの緩和が期待できます。

 

などなど・・・。

 

これらの食材が、ただ、良いからといって、

とにかくたくさん食べれば改善されるという訳ではありません!

食事が偏っていると栄養バランスを崩し、

体調不良にもつながります。

 

また、睡眠不足はホルモンのバランスを崩し体調不良となるため、

アレルギーの症状が起こりやすくなります。

 

体の免疫機能を整え体質を改善するには、

常日頃からバランスの良い食事や規則正しい生活を

心掛けるようにしてくださいね(^^♪

 

 

 

 

 

 

夏季休業のお知らせ

平素より当薬局をご利用いただきありがとうございます。
さて、誠に勝手
ながら、下記の期間を夏季休業とさせていただきます。
期間中は大変ご不便をおかけいたします
が、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

◆北島店    8月1日(火)~8月3日(木)

◆三軒屋店   8月11日(金)~8月15日(火)

◆矢三店    8月10日(木)~8月15日(火)

◆石井店    8月11日(金)~8月14日(月)

◆天神店    8月12日(土)午後より~8月15日(火)

◆神山店    8月12日(土)午後より~8月15日(火)

◆徳島駅前店  8月11日(金)~8月15日(火)

◆おおざと店  8月11日(金)~8月14日(月)

 

 

年末年始休業のお知らせ

平素より当薬局をご利用いただきありがとうございます。
さて、誠に勝手ではございますが、年末年始休業につきまして
下記の通り休業とさせていただきますので、ご案内申し上げます。
何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

 

◆北島店    12月31日(土)~1月3日(火)

◆三軒屋店   12月29日(木)~1月3日(火)

◆矢三店    12月29日(木)~1月3日(火)

◆石井店    12月30日(金)~1月3日(火)

◆天神店    12月30日(金)~1月3日(火)

◆神山店    12月30日(金)午後より~1月3日(火)

◆徳島駅前店  12月30日(金)~1月3日(火)

◆おおざと店  12月31日(土)~1月3日(火)

 

 

 

忘年会🍻がありました!

そろそろ年の瀬もせまってきましたね⛄。
今年は少し早めの11月26日に忘年会がありました。

グループ全体での開催です。
営業時間も店舗毎に違う中、海陽町や神山町の店舗から来る人もいて
夜8時からの開始となりました。

社長挨拶とカンパイ🍻の後、しばし食事を楽しみ・・・。

毎年恒例のビンゴゲーム‼
(全員に景品がもらえるんですよ(^^)v)
アクセサリー、調理器具や雑貨、プリペイドカード、温泉&岩盤浴回数券、宅配ごちそう便などなど・・・。
その年の流行り物などを用意してくれていて、
みんなどれにしようかと♪♪♪。 景品置き場は混雑します(●´ω`●)

他にも社長とのジャンケン大会(こちらも社長よりプレゼント☆)もあり、
料理もおいしく😄あっという間に時間は過ぎていきました。

ふだんなかなか会う機会の少ない店舗の人たちに会って沢山しゃべって
忘年会を通じて交流を深めることができました。

今年も残り少なくなり、何かとあわただしくなりますね。
食べ過ぎ・飲み過ぎないよう^^;体調管理にも気をつけましょう!

調剤薬局も忙しい時期に入ってきました。
みんなで協力して頑張っていきたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

坐薬入門

どうも、エンゼルは北島店で管理をしておりますYと申します。

 

季節はもう冬・・・。だんだんと寒くなってきた今日この頃☆

みなさん お風邪などひいてないでしょうか?

 

 

これからエンゼル各店舗の管理が持ち回りでブログ記事を書くことになりまして、栄えあるトップバッターを任せられたはいいものの、肝腎のネタが思いつかない。薬局お得情報か、薬の雑学か、はたまた日々のよしなし事か。いったいなにを書けばいいのやら。

 

 

うーむ、冒頭で少し触れました風邪などで発熱したときに使用する坐薬の話でも致しましょうか(#^.^#)

 

坐薬は大きく分けて油脂性基剤のものと水溶性基剤のものがあります。

ちなみに、(坐/座)薬も、(坐/座)剤も同じ意味です。ダイソーに売っている?(売ってない)ザ‣薬とは違うものです。

 

まず基剤とはなにか。これは薬の主成分とは別に、その薬の形を調えたり、効き方を調節したりするためのものなんです。

 

では油脂性基剤と水溶性基剤、この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

油脂性基剤は読んで字のごとく、脂です。薬がチョコレートでコーティングされていると思ってください。(実際坐薬の中にはチョコの原料のカカオ脂を基剤にしているものもあるんですよ)

チョコですから、体内に入ると体温で融けてしまいますね。坐薬の中に冷所で保存しておいてください、と言われるものがあるのはこのためです。逆に言えば体温ほどの温度でないと融けないわけですから、冷蔵庫の中でなくても、室温(30℃)以下であれば保存することができます。

冷蔵庫で保存した場合、使用するときに坐薬がきんきんに冷えた状態だと肛門が刺激されて便が出ることがありますので注意しましょう。

 

アルピニー、アンヒバ、パラセタなどの解熱鎮痛剤、ボルタレンサポなどの解熱鎮痛抗炎症剤、新レシカルボンやテレミンソフトなどの下剤、ネリプロクトなどの痔疾用剤などが油脂性基剤のグループに含まれます。

 

翻って水溶性基剤。こちらは水分を吸って溶ける薬なので、まず体温ほどの熱で融けることはありません。(といって灼熱のダッシュボードの上に置いとくような実験はやめてくださいね)腸内の体液に溶け、吸収されることで効果を発揮します。水に溶けるので、入れにくいときはぬるま湯などで先端をふやかせてから入れてもいいかもしれません。

ナウゼリンなどの吐き気止め、けいれんを抑えるダイアップ、鎮痛抗炎症剤のインテバン等がこちらのグループになります。

 

注意。坐薬を2本同時に使う場合、同じグループの基剤なら緊急性の高いほうを先に入れること。例えば、解熱剤のパラセタと下剤のテレミンソフトなら、先に効いてほしい解熱剤をまず入れましょう。その後5分以上は間隔をあけてからテレミンソフトを入れてください。

 

では違うグループの基剤だったらどうでしょうか。

 

先ほど申し上げましたように、油脂性基剤の坐薬は挿入後体内の温度で融けます。そうしますと大腸内に融けた基剤の油膜が張られます。この状態で水溶性基剤の坐薬をつかうと、水溶性基剤に練りこまれていた大事な薬の主成分が、体内に吸収されずに油脂性基剤で張られた油膜に溶けてしまうのです。ものによっては半分以上が油膜に溶けてしまうものもあります。こうなるとせっかく入れた坐薬の効きめが弱まってしまいますね。

 

これを避けるために、油脂性基剤と水溶性基剤の坐薬を同時に使うときは、ナウゼリンなどの水溶性基剤の坐薬を先に使い、30分以上待って主成分を体内に十分吸収させてから、パラセタなどの油脂性基剤の坐薬を使うようにしましょう。ここ重要です。

 

 

というわけで、今回は坐薬の種類と使い方についてのお話をしました。薬を服用したり使用したりするときは医師や薬剤師の指示をきちんと守りましょう。

 

インフルエンザが流行する時期です。帰宅時の手洗い・マスクの着用(すき間のないように)など予防を心がけてこれからの季節を乗り切ってくださいね(*^^)v